toptoppage
2017年度講座(topics)案内はこちら

コレスポンデンス分析とテキストマイニング
(自由回答分析)
 実際の調査データを用いて、今評判のテキストマイニングとフリーソフトKH Corderにより実習を行います。受講者は、 KH Corder をインストールしたパソコンをご持参ください。初学者を対象にしています。担当の講師は、テキストマイニングのいろいろなソフトを使い統計データ分析の豊富な実務経験がありますので、高度な質問にも対応できます。少人数ですから遠慮なく質問をして下さい。
 東京目黒区自由が丘における来街者調査データの自由回答における(1)街のイメージ(2)街の良いところ(3)街の悪いところなどの行動特性調査のデータを用いて、KH Corderの使い方を実習を通して学びます。実習の後、受講者それぞれに課題を与えて演習を行います。
 また、学習支援のため、講義のパワーポイントと関連資料をUSBを通して提供しています。当日パソコンを持参しない方はUSBをご持参下さい。
 演習で使う街の調査とテキストマイニングの例はこちら
 今年度は主に牛澤賢二先生が担当をします。

【午前の部】

(1)テキストマイニングの考え方と手順
   形態素解析
   言葉(Word)の関連性の分析
   文(テキスト)の分類
(2)関連分析手法の概要
   分析対象のデータ構造
   Word間の関連性の各種指標
   共起ネットワーク
   コレスポンデンス分析
   クラスター分析(言葉と文の分類)
【午後の部】
(3)KH_Coderによるテキストマイニング実践
   KH_Coderの特徴
   演習用データの概要
   第1段階の分析−探索的な分析−
   第2段階の分析−仮説の設定と検証−
   分析結果のプレゼン資料の作成例
   独自演習と講評
 質疑応答

日 時 2017年10月21日(土)
場 所 中央大学駿河台記念館、講座は 10時〜5時 .
受講料 22,500円(税込)

受講申込み問い合わせ
 統計科学研究所ホームページの各フォームをご利用ください。


野々村琢人様、他(東芝)が、当該講座で学ばれたテキストマイニングの
 活用で「ソフトウェアシンポジウム2016:論文奨励賞」を受賞しました。
 題名は「週報のテキストマイニングによるリスク対応キーワード抽出」

 内容は
 http://sea.jp/ss2016/download/2-5_SS2016.pdf
Copyright c Toukei Kagaku Kenkyujo, Co., Ltd. All right reserved